自己紹介

藤井 啓祐(Keisuke Fujii):工学博士

■ 所属
大阪大学大学院基礎工学研究科
システム創成専攻 電子光科学領域
教授
兼 JSTさきがけ研究者

■ アクセス
〒560-8531 大阪府豊中市待兼山町1-3
基礎工学研究科D棟 D420

■ Email:
fujii(あっとまーく)qc.ee.es.osaka-u.ac.jp

■ 職歴

  • 2008年4月-2011年3月 日本学術振興会特別研究員 (DC1)
  • 2011年4月-2013年3月 大阪大学大学院基礎工学研究科 特任研究員(井元研究室)
  • 2013年4月-2015年3月 京都大学 白眉センター/情報学研究科 特定助教(岩間研究室)
  • 2013年4月-現在      大阪大学大学院基礎工学研究科 招聘研究員(井元研究室)
  • 2015年4月-2016年3月 京都大学 白眉センター/理学研究科 特定助教(高橋研究室)
  • 2016年4月-2017年9月 東京大学工学系研究科附属光量子科学研究センター 小芦研究室 助教
  • 2017年10月-2019年3月 京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 特定准教授
  • 2019年4月-現在    大阪大学基礎工学研究科システム創成専攻 教授
  • 2016年10月-          JST さきがけ研究者 兼任
  • 2018年7月-          情報処理推進機構IPA 未踏ターゲット事業ゲート式量子コンピュータ プロジェクトマネージャー
  • 2018年2月-          株式会社QunaSys 最高技術顧問
  • 非常勤講師:東京工業大学大学院情報理工学研究科(2015 集中講義担当)、大阪市立大学大学院工学研究科(2016 集中講義担当)、お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科(2016 集中講義担当)、慶應義塾大学(2017)、名古屋大学(2017)

■ 学歴

  • 1999年4月-2002年3月 大阪府立天王寺高等学校
  • 2002年4月-2006年3月 京都大学工学部物理工学科
  • 2006年4月-2008年3月 京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻
  •                    修士課程(量子物理学研究室)
  • 2008年4月-2011年3月 京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻
  •                    博士課程(量子物理学研究室)
  • 博士論文:「符号化されたクラスター状態を用いたフォールトトレラント量子計算」
  • 指導教員: 山本克治教授

■ プロジェクト・競争的資金等

  • 2008年4月-2011年3月 日本学術振興会特別研究員(DC1)
  •  採択課題名「エンタングルメント純粋化に基づくフォールトトレラント量子計算」
  • 2013年4月-        日本学術振興会特別研究員(PD)
  •  内定課題名「スケーラブル量子情報処理実現に向けたフォールトトレランス理論の物理的構成」
  •  ※白眉研究員として採用されたため辞退
  • 2013年4月-2018年3月(2016年3月に退職) 京都大学 白眉プロジェクト
  • 2013年度-2015年度  研究活動スタート支援 研究課題番号:25887034
  •  課題名「スケーラブル量子情報処理のための新奇制御法の構築」
  •  総額:2730千円 (直接経費:2100千円, 間接経費:630千円) 
  • 2016年度-2020年度  基盤研究(A)分担(代表:沙川貴大 准教授)
  •  課題名「孤立量子多体系における熱力学第二法則」
  • 2016年10月-2019年度 JST さきがけ「量子の状態制御と機能化」
  •  課題名「知的量子設計による量子計算・量子シミュレーションの新機能創出」
  • 2016年10月-2021年度   JST CREST「冷却原子の高度制御に基づく革新的光格子量子シミュレーター開発」(代表:高橋義朗 教授)に研究参加者として参画。
  • 2016年10月-2021年度   JST ERATO「中村巨視的量子機械プロジェクト」(中村泰信教授)に研究参加者として参画。

■ 受賞

京都大学総長賞 (2011年3月11日)